流れるような成形を支援してくれる離型剤とフッ素コーティング

繊細なデザインでも綺麗に形造れるフッ素コート剤使用の離型剤

最近では、ゴム製品やプラスチック製品の中に、驚くほど繊細で精巧なデザインのものが沢山あります。ハンドメイドでのモノづくりでも、細かい部分ほど失敗のリスクが高いものですが、それはゴムやプラスチックの成形過程でも同じです。繊細なデザインの製品を綺麗に形造ることが出来るのは、金型に塗布する離型剤の性能が優れていることも一つの要因です。
離型剤の中でも、特にフッ素コート剤を成分として使用しているものは、他の成分の離型剤にはない独特の特性を持っています。それは、すべり性、非粘着性などと呼ばれる性質で、離型剤に限らず、およそフッ素コーティング加工を施したものであれば、全てにおいてみられる特徴です。読んで字のごとく、物に粘着しないし、させないという性質であり、金型がこの性質を持つようになると、離型という作業はとても簡単になります。フッ素コート剤を使用した離型剤は、優れた非粘着性ゆえに、大量に使用しなくても十分な離型性能を発揮してくれます。そのため、金型に形成されるフッ素樹脂塗膜は極薄であり、この点も、成形物を綺麗に形造ることに大きく貢献していると言えます。
フッ素コート剤使用の離型剤は、どんなゴム製品、プラスチック製品も対応可能ですが、繊細なデザインの製品の場合は、特に、フッ素系離型剤がおすすめです。

使い勝手が良いフッ素コート剤が主成分の離型剤

製品の形を造るのに、金型を使うタイプのものは沢山あります。素材で言えば、プラスチックやゴムなどがこれに該当します。金型は、金型単独で使用するものではなく、これにすべりを良くする薬剤を塗布して、成形物を壊さずに型から取り外せるようにする必要があります。お菓子作りや料理の際に、型の内側に薄く油を塗ったり、粘着性のないクッキングシートを敷いたりしますが、原理はこれと同じです。
このすべりを良くする薬剤のことを離型剤と呼びます。現場では、ワックス系やフッ素系の離型剤が良く使われますが、現場作業のしやすさで言えば、フッ素系に軍配があがります。フッ素系離型剤は、フッ素コート剤が主成分のため、これを金型に塗布すると、金型の表面に非粘着性とすべり性を持つフッ素塗膜が形成されます。このお陰で、型に流し込んだゴムもプラスチックも金型に付着せず、成形されたものは簡単に金型から分離出来ます。成形物と粘着しないため連続離型も可能であり、製品を大量生産する場合に作業効率を格段に改善することが可能です。また、フッ素コート剤を使用した離型剤は製品タイプも豊富であり、不燃性溶剤を使ったもの、現場で使える室温で乾燥するタイプのスプレー式、刷毛による手作業で塗布できるタイプなど、利用者にとっての利便性に配慮した製品が多いことも特徴的です。

フッ素コート剤使用の離型剤には現場で簡単に塗布できるタイプがある

プラスチック製品や、シリコン、ゴム製品などの成形作業では、一度に沢山の製品を扱うため、常に現場での作業効率を考える必要があります。成形作業の効率性を上げるために出来ることは多々ありますが、離型剤を適切に選択することもその一つです。
離型剤は成分の違いによって種類がいくつかあり、離型性能や溶剤、製品の使い易さなどに大きな違いがあります。現場作業の効率化を図る上で最善の選択と思われるのは、フッ素コート剤が成分のフッ素系離型剤です。フッ素系離型剤の際立った特徴は、フッ素樹脂塗膜が金型にしっかり密着して強力な非粘着性を発揮することにより、大量の製品を連続して離型することが出来ることです。この点だけを見ても、成形作業の効率アップという観点では、フッ素コート剤使用の離型剤の優位性は明らかですが、他にも注目すべき製品特長があります。それは、フッ素系離型剤の中には、外部の専門業者に委託せずとも、作業現場で手軽に塗布できるタイプの製品があることです。連続離型を続けているうちに、離型剤の効き目の劣化が見られるようであれば、そうしたタイプの製品を使って追加でフッ素コート加工すれば、成形作業をすぐに開始できます。
離型剤はこのように、現場作業の大幅な効率化を図れるフッ素系の製品を選びましょう。


焼き付けフッ素樹脂加工・シリコン離型剤を超えた ナノレベルフッ素系金型離型剤。【フロロテクノロジー】

記事一覧

  • フッ素コート剤が主成分の離型剤なら金型から成形物を綺麗に剥がせる

    クッキーの型抜きの経験がある方なら、複雑な形になればなるほど、型抜きが失敗するリスクが高くなることを良くご存じでしょう。例えば細い突起部分だけ生地から上手く切り離すことが出来ず、突起部分が折れた…

    MORE
  • ワックス系より使い易く長持ちするフッ素コート剤が主成分の離型剤

    プラスチックやシリコンの製品が日用品や部品として大量に利用される現代では、それらの製品を成形する際に使う離型剤も、数々の優れた製品が生み出されています。成形対象となる素材や、成形物のデザイン、構…

    MORE
  • フッ素コート剤専門メーカーなら最適な離型剤を教えてもらえる

    ゴム製品やシリコン製品の幅や種類が増えるに伴い、成形過程で使われる離型剤の性能についても、メーカーの要求レベルはだんだん高くなってきます。離型剤メーカーは、ゴム製品やシリコン製品メーカーの要求に…

    MORE
  • 引火性のない安全な離型剤ならフッ素コート剤使用のものがおすすめ

    金型を使って成形作業を行う必要がある製品として、ゴムやシリコン、またはプラスチックが素材のものが挙げられます。こうした素材を用いた製品は、一般消費財或いは、部品などが多く、大量生産するのが普通で…

    MORE